自動車保険 おすすめ 安い

自動車保険のおすすめは安いところで決まり

任意保険

任意保険 見直し

任意保険 見積もり

任意保険 比較

 

自動車任意保険、毎年見直ししていますか?
自動車保険の会社は沢山あるので、どこがいいのか調べているとだんだん面倒くさくなります。

 

面倒だから去年のままでいいか〜と契約を継続していませんか?

 

自動車保険は一括見積もりができる時代です。

 

1度情報を入力するだけで、複数の保険会社から見積もりを取ることができます。
今の契約内容と同じ条件で見積もりすれば、簡単に比較することが可能です。

 

任意保険のシステムは分かりにくく、専門用語や特約なども沢山あるのですべてを理解して契約している人はあまりいません。
しかし何でもいいか・・・というものでもないので、もしもの時にきちんと備えられる保険にしておきたいですね。

 

おおまかに言うと、任意保険の補償は4つです。

 

@事故相手の身体への補償:対人補償
A事故相手の車への補償:対物補償
B自分の身体への補償:人身傷害か搭乗者傷害
C自分の車への補償:車両保険

 

これらの補償をどのくらいにするかで、保険料が決まります。
@対人補償とA対物補償は多くの方が無制限にしています。万が一相手に傷害が残ったり、死亡させてしまった場合は億単位の賠償金を請求されることがありますので、これらは無制限にしておくと安心ですね。

 

B人身傷害とC車両保険は自分に対する補償なので人それぞれです。Bは怪我で仕事ができなくなった場合に必要です。Cはあったほうが安心ではありますが、保険料が大幅に上がる原因になります。しかも保険を使って車を修理すると翌年の保険料が上がりますので古い車の場合は自費修理するか、買い替えを検討するという人も多いです。
しかし、車両保険はイタズラによる傷や当て逃げなどの場合に心強いです。

 

あなたが必要だと思う補償が決まったら、一括見積もりしてお得な保険会社を見つけてくださいね。

 

任意保険 一括見積もり

 

 

 

 

 

 

人身傷害と搭乗者傷害の違いは?

任意保険 一括見積もり

 

事故の時、契約している車に乗っていた自分自身と同乗していら人の身体の補償をするものが人身傷害と搭乗者傷害です。
ケガをした場合と後遺障害を被った場合、死亡した場合に支払われる保険金に関する契約です。

 

この2つの違いは、金額の計算方法と補償される範囲です。

 

人身傷害は治療費、精神的損害、休業損害など実際にかかった損害額が支払われます。そしてこれは損失割合にかからわず支払われます。
事故の時、損害額が保険金を上回らなければ、ほぼ全額補償されるため自己負担がありません。

 

搭乗者傷害は、あらかじめ決められた金額が支払われる形です。ケガの種類によってあらかじめ決められた金額が支払われます。
後遺障害や死亡の場合も同じです。

 

この2つはどちらか1つをつけることも出来ますが、両方ともつけるということも可能です。しかしその分、保険料が上がりますのでバランスを見ながらつけるといいですね。

 

 

 

 

ノンフリート等級

任意保険 ノンフリート

 

自動車任意保険において、等級というのは保険料を決める要となりますので理解しておきましょう。
いわゆる等級というのは、ノンフリート等級のことで一番最初に任意保険に加入するときは6等級からスタートします。

 

そして1年間無事故で保険を使用しなかった場合は1等級アップして7等級になります。
もし、事故などで保険を使った場合は内容により3等級ダウンか1等級ダウンします。
等級が上がると保険料の割引率も上がり、等級が下がると割引率も下がるという仕組みなのです。

 

そうなると保険会社を変える度に6等級に戻ってしまっては、見直しするのは難しくなりますね。

 

しかし保険会社の間では、等級が正しく適用されているか契約情報を交換しています。

 

7等級の人が10等級だとウソをついて契約したりできないように、契約している自動車保険の証券には必ず現在の等級が記載されているのです。
現在の等級は、保険会社を変えても継続することができます。

 

ただし契約が満期を迎えると、継続後の等級となります。満期日から7日以内に次の保険に加入しなければ、等級を引き継ぐことはできません。

 

他にも、記名被保険者を配偶者や同居の親族以外に変えた場合や車を変えた場合、以前の保険が共済だった場合なども等級を継続することができませんのでご注意ください。

 

 

 

特約ってどんなもの?

任意保険 特約

 

自動車任意保険には、特約がいくつかあります。

 

・弁護士特約:自動車事故において、交渉が決裂して損害賠償請求を行う場合や相手に請求された場合の弁護士費用を補償するものです。
あなたの車が完全に停止していた場合の追突事故の場合、過失割合が10:0になることがあります。この場合、あなたの契約している自動車任意保険の担当者は何もできません。あなた自身が相手の保険会社と交渉しなくてはならないのです。しかし相手は保険のプロですから、きちんと見合った補償がされているのか1人で判断するのは難しいですね。ここで登場するのが、弁護士特約です。あなたに代わって事故の交渉をしてくれますよ。

 

・個人賠償特約:弁護士特約はあくまでも自動車事故の場合のみ適用されます。歩行中に自転車に突っ込まれたなどの車かかかわらない事故の場合は適用できません。
自動車事故以外の事故で万が一損害賠償を請求されてしまった場合でも、相手に支払う損害賠償金や弁護士費用などを補償してくれるものです。

 

・ファミリーバイク特約:原動機付自転車を持っている場合は、この特約をつけておくと事故の場合に補償されます。原付バイクは、自賠責には加入していても任意保険に加入している人はあまりいませんので、こちらで備えておくと安心です。